樂家歴代「樂焼400年の伝統と創造」展は2001年5月17日(木)〜6月17日(日)に開催いたしました


三 代 道  入



高さ26.2p 口径11.5p 高台径6.7p

ニ彩鶴首花入

樂焼の釉技術は中国明末における三彩陶本来の華やかな色釉を意識的に捨てることにおいて、色釉陶の世界には見られない理念的な世界をつくり上げた。
長次郎没後、わずかに色釉が復活する兆しは見られたが、本格的な三彩釉の復活は道入からと言える。
道入は特に茶碗以外の作品に緑釉、黄釉を主体とした色釉を用いている。
上部を鶴のように細長くしたこの花入は鮮やかな緑釉と黄釉で彩られ、底部は茶碗と同じ聚楽土の赤い胎土が露出している。赤星家に伝来したのち樂家に入ったものである。

赤筒樂茶碗 山人

筒茶碗の中でも極めて背の高い寸法で、他にあまり類例を見ない。
上部に向かって広がっていく姿は長次郎茶碗の重厚な存在感とは異なり、軽やかな解放感が感じられる。全体に薄作で、特に口部先端は外側と見込内側から二枚貝が合わさるような形に削られている。
道入の茶碗は樂歴代の中でも特に薄作で、手取りの軽さに赤樂の土器質的な柔らかさが加わり、独特の味わいがある。赤茶碗の色調も一段と明るく艶を帯び華やいでいる。


高さ11.5p 口径9.2p 高台径4.9p


「展示作品一覧」ページへ

「初代 長次郎」ページへ

「二代 常慶」ページへ

「十五代 吉左衞門」ページへ 「樂家歴代作品」ページへ 「樂焼工房」ページへ

樂家歴代「樂焼400年の伝統と創造展」トップページへ

「アートライフヘの誘い」ページへ