樂家歴代「樂焼400年の伝統と創造」展は2001年5月17日(木)〜6月17日(日)に開催いたしました


二 代 常  慶


黒樂茶碗 銘 黒木  


高さ7.8p 口径13.3〜15.8p 高台径6.1p


内箱蓋裏

「二代目黒     
 茶碗 宗左(花押)
銘 黒木ト云」
如心斎宗左筆

長次郎茶碗には見られない造形意識が感じられる。姿を大きく沓形に変形し、胴部には段をとって変化をつけている。全体の寸法も長次郎茶碗に比してはるかに大振りである。総体に光沢の少ない滑らかな黒釉がかけられているが、高台付近は無釉で胎土の赤土(聚楽土)をのぞかせている。この胎土を見せることも長次郎茶碗には見られなかったことである。

香炉釉井戸形茶碗


高さ8.2p 口径13.0p 高台径4.9p

上部に向かって口径を広げた異例の姿である。これは朝鮮王朝時代に朝鮮で焼造された茶の湯茶碗(井戸茶碗)の姿をもったものである。このように直接他窯の作品を模することは、長次郎時代には見られなかったことであり、長次郎スタイルを離れた様々な試みの一つと言うことができる。
轆轤成形ではなく、手捏ね成形独特の趣があるが、轆轤目を思わせる箆跡が段状につけられている。白釉も常慶独特のもので、焼成後、冷却時に入る貫入が自然な美しさを醸し出している。
高台付近に見られる胎土は京都洛中から採取される聚楽土で、長い年月を経て黒褐色になっているが、本来はもう少し赤みを帯びたものであった。

「展示作品一覧」ページへ

「初代 長次郎」ページへ

「三代 道入」ページへ

「十五代 吉左衞門」ページへ

「樂家歴代作品」ページへ 「樂焼工房」ページへ

樂家歴代「樂焼400年の伝統と創造展」トップページへ

「アートライフヘの誘い」ページへ