「沖縄のアトリエを訪ねて」展は2000年9月21日(木)〜10月1日(日)に開催いたしました


琉球漆器の特徴

朱塗り

琉球塗りの代表は朱塗りです。何とも表現し難い重厚で見事な朱色は、沖縄特有の気温と湿度が微妙に作用して出来上がる色と言われています。

紅  房

堆 錦

沖縄の漆器を代表するものの一つです。漆と顔料を混合して「餅」と呼ばれるものを作り、これを各種の文様に切って漆面に貼付し、立体的な彫刻様の表現を行う画期的なものです。徳川将軍家や琉球王朝へ献上され、現存するものの中にも多く見られます。


「沖縄のアトリエを訪ねて」トップページへ 「沖縄のアトリエを訪ねて」ページへ 「アートライフヘの誘い」ページへ