ににんしずかきんらん

二 人 静 金 襴

深みのある紫地に双鳳の丸文様が平金糸であらわされ、地組織は四枚綾となっている。名物裂では時代の古いものには綾地が多く、興福寺金襴と共に制作年代は古く、一般に極古渡りなどと称され、宋、元の製になるものといわれる。本歌の地色の紫は紫根で染めたものと思われ、紫や赤はその昔、禁色といって公家でも許しがなければ使えない色で、袈裟などでも高位の僧でなければ着用できない格の高い色とされてきた。時代の溯る金襴には紫地や赤地が多いのは、もっぱら権力者の需要に応ずるものであったからといわれる。
文様は鳳凰が双翼を広げ、尾をなびかせて円を構成し、双鳳の丸は互の目に配され、一段ごとに上下逆にするという細やかなデザインである。
「二人静」という名称は室町幕府八代将軍足利義政が、この裂で作った舞衣で能の「二人静」を舞ったという伝承から生まれたと伝えられている。能では「ふたりしずか」と読まれるが、裂の読みは「ににんしずか」が通例である。
金襴は豪華さ、華麗さを持つ織物で、名物裂の中でも最も尊ばれ、茶人や武家に盛んに用いられた。(本歌・京都国立博物館)