2005年
 前期:5月27日(金)〜6月12日(日)
 後期:6月16日(木)〜7月 3日(日)

根付(現代)「羽衣」

平成14年11月、47歳の若さで高円宮殿下が薨去されました。殿下の気さくなお人柄とともに、日本サッカー協会の名誉総裁をはじめスポーツや文化の両面にわたり数々の要職をお務めになるほど、広く国民に親しまれていました。また、芸術活動にも造詣が深く、バレエ鑑賞や自らオーケストラのタクトを振られるなど、さらに、根付の熱心な蒐集家であられて、殿下の根付コレクションは国内外に広く知られていました。今回の展覧会では、高円宮家のご好意により、殿下の根付コレクションとともに、殿下自ら撮影なさったお写真や殿下ご自身のお写真、宮中儀式でお召しになったご装束、そして、ご愛用のカメラやワールドカップ記念のサッカーボール、チェロやタクトなどのご遺品の数々を展示いたします。小さな根付に凝縮された日本独自の彫刻文化をご堪能いただくとともに、殿下のご遺徳を偲んでいただきたいと思います。

開催期間  2005年5月27日(金)〜7月3日(日)
            前期: 5月27日(金) 〜 6月12日(日)
           後期: 6月16日(木) 〜 7月 3日(日)
          午前10時〜午後6時
                       (6月13、14、15日は展示品入替のため休館)
会   場  紺文シルクホール
           静岡市葵区伝馬町16-7 紺文シルクビル 5F
          電話 054-251-4147(代)
主   催  NHK静岡放送局・静岡朝日テレビ
後   援  静岡県・静岡県教育委員会・静岡市・静岡市教育委員会
         静岡市観光協会・朝日新聞 静岡総局・NHK文化センター
         静岡教室
協   力  株式会社 紺文
入 場 料  前期:600円、後期:600円、全期:1,000円
         (入場料の一部を自然保護団体へ寄付)

クリックすると紺文シルクホールの案内図が表示されます


根付(現代)「桜花」
(饅頭根付)

印籠 蒔絵 賢哉其章
(蝶尽図)花押19世紀
根付「鳳凰若松亀図」


「宮さまの作品とコレクション」トップページへ 「宮さまの写真集」ページへ 「根付コレクション」ページへ