「復元 淀君乃小袖展」は2001年2月22日(木)〜3月4日(日)に開催いたしました



仕 立 て

 1.湯のし

全体の仕上がりを
最終チェック

 2.彩色・補正
 3.仕立て

仕立ては東京の「日本のきものを守る会」主宰の村林益子氏に依頼。
村林流和裁学苑苑長で、心構え・身に付ける方への心遣い・反物に対する思いやり等を説く、仕立ての第一人者。

湯のし

絞り特有の風合いを残しながら、手のしで行われた。


熟練された彩色作業

彩色・補正

彩色作業では、何色にも染まっていない白生地の部分に、花びらの紋様を描いていく。
補正作業は、絞り染めでは避けられない、隣り合った色と色との隙間(白い部分)を筆で補正する。
この作業は下絵を担当されたマツヰ染繍株式会社と松井青々氏のもとで行われた。


柄と柄を慎重に合わせる

仕立て

隣り合う模様のつながりを合わせながら、コテで折り目をつけ、生地の模様に合わせて縫い糸も変えていくという手法で進められた。絞りのしわのために模様が合わないところも、生地を表と裏から確認。更に縫ってから再度確認。
表身頃と裏身頃を合わせる際、中に33枚の真綿を敷き、仕立て上がり
およそ3年半の歳月をかけて完成。


真綿を入れる作業


「復元 淀君乃小袖展」トップページへ 「復元プロジェクト」ページへ 「糸づくり・手織り」ページへ 「湯のし・下絵・絞り」ページへ 「染め」ページへ 「丸紅小袖コレクション展」ページへ

「アートライフヘの誘い」ページへ