「復元 淀君乃小袖展」は2001年2月22日(木)〜3月4日(日)に開催いたしました



湯のし・下絵・絞り

 1.湯のし

湯のし・下絵・絞りの工程は京都のマツヰ染繍株式会社と松井青々氏の協力のもと、進められた。

左の画像は下絵羽の状態の小袖

 2.下絵羽
 3.下絵
 4.糸入れ
 5.絞り


熟練された手で
丹念に湯のしされる

湯のし

白生地に蒸気を当て、しわや凸凹を伸ばして繊維を均等に揃えていく作業である。今回は作業も復元するという意味から、昔ながらの「手のし」で行われた。

下絵羽

生地を裁断し、仮縫いをして下絵羽状態にする。現存する小袖は前身頃の片方のみだったが、北村先生のご紹介でもう片方の身頃の所有者から写真を拝借でき、「片身合わせ」という手法がで図柄が構成されていることが判明。


下絵羽に下絵を描く作業

  ←    下絵

       糸入れ    →

下絵の線に沿って染める色の糸を入れていく。撚りをかけていない麻糸を細かなピッチで縫い付けていく難作業。


 糸入れは染め色に合わせて
 糸の色も変える


一つ一つ丹念に、
帽子状に絞っていく

絞り

染めたくない部分に覆いを被せ、麻糸で絞るように縛っていく作業。細かい図柄であればあるほど、手間と時間が必要な作業である。絞った部分はその形状から「帽子」と呼ばれている。
これで1回目の絞りが終了。
1色目の緑染めが終わると、絞られた糸はすべてほどかれ、2回目の絞りを行う。今回は絞りと染めを5回繰り返した。


「復元 淀君乃小袖展」トップページへ 「復元プロジェクト」ページへ 「糸づくり・手織り」ページへ 「染め」ページへ 「彩色・仕立て」ページへ 「丸紅小袖コレクション展」ページへ

「アートライフヘの誘い」ページへ