伊東久重「御所人形と源氏物語の世界」展は2001年9月22日(土)〜10月8日(祝)に開催いたしました



木地の肌へじかに顔料で文様をほどこした彩絵の筥や台は、奈良時代に作られたものが今日正倉院に伝えられている。
この伝統は、その後宮中に伝わり、木地に胡粉や金銀泥、絵具で優雅な文様を描いた筥や折敷、台などが有職調度として作られ、使用されてきたのである。
この技法は伊東家では人形の装飾品や遊び道具などを作る際に、長年にわたり用いられてきたが、この経験を生かし、桐材を用いた人形や筥、羽子板、小槌などに幾重にも胡粉を塗り重ねて、その上に彩色したものが「高盛金彩絵」である。御所人形の制作によって身につけた桐と胡粉の技術を融合させた、全く新しい世界である。
こぼれるように豊かな文様が描き出される「高盛金彩絵」は、完璧な技術に裏付けられた、京風なあでやかさと、気品の高い雅致を備えている。

雲上好桐胡高盛金彩絵がさね

つれづれに
平安王朝の
女房たちがこころを
いざないしもの


立雛(参考作品)

宮廷内では、時として舞楽や能などの宴が催されたそうでございます。
そのつど、それらの催しにふさわしい賜わりの品を天皇より遣わされたものでございます。
趣向をこらした見立てのものを作るように、との命を拝受し、様々に工夫をしたものと伊東家に代々言い伝えられております。
また、御所によばれて上るたび何かと高貴な逸品をご披露いただいたそうでございます。
そうしたことは人形司としての修養を積むうえで、またとない機会になったものとうかがえます。

こゝろをうつす

十二世 伊東久重の  もう一つの世界

それは、華やかな王朝ごのみの彩絵がさね、とでも申しましょうか

十二ヶ月、折節のことをきちんとたいせつにするこころをうつしたいと思います

そのようなわけで、有職御人形司は、御所人形はもとよりさまざまな見立てのものをつくることもだいじなお仕事であったと、伝え聞いております


伊東久重「御所人形と源氏物語の世界展」トップページへ

「御所人形」ページへ

「源氏物語の世界」ページへ

「講演会のご案内」ページへ

「アートライフヘの誘い」ページへ