平成12年5月18日(木)〜平成12年6月18日(日) 開催
午前10より午後6時まで

近衞家は藤原鎌足以来約1300年の歴史をもち、中世以降五摂家(近衞・九条・二条・一条・鷹司)の筆頭にて代々摂政、関白の重職につく家柄として繁栄致しました。近衞家には歴代の文芸書跡と共に日本史上極めて貴重な古記録、宸翰文書、古筆絵画などいずれも日本文化の至宝というべき膨大な文化財が伝世し、国宝8点、重要文化財55点を含む20万余点が、昭和13年近衞家29代近衞文麿公(当時首相)によって設立された(財)陽明文庫に保管されております。この度その収蔵品の中から歴史的また美術的に貴重な掛軸17幅、屏風2双、絵画2巻、工芸として、茶・香道具・人形・古代裂類等12件など重要美術品10点を含む品々を展示し、公家貴族を中心に想像伝承されてきた優美典麗な王朝文化の一端を県民の皆様にご堪能いただければ幸甚でございます。

「陽明文庫」は、京都洛西、御室・仁和寺に隣接する13000坪の敷地に設置されています。近衞家29代当主近衞文麿公が、別荘として構えた「虎山荘」の奥まった一角、二棟の蔵に分け膨大な古文書、古典箱が管理保存されています。 ※非公開(要予約)


 

会  場

紺文シルクビル5階 紺文シルクホール
 静岡市伝馬町16-7 電話054-251-4147(代)
(駐車場がございません。公共交通機関をご利用下さい。JR静岡駅より徒歩6分。)

主  催

財団法人 陽明文庫 (京都市右京区宇多野上ノ谷町1-2)

開催協力

株式会社 紺 文

後援団体名

静岡県教育委員会、静岡市、静岡市教育委員会、(財)静岡市文化振興財団、 
NHK静岡放送局、 日本経済新聞社静岡支局、  朝日新聞静岡支局、 
静岡新聞社・SBS静岡放送、JR東海

入 場 料

一般・大学・専門学校生 700円
中学・高校生      300円

「アートライフヘの誘い」ページへ


ご意見・ご質問等は kimono@konbun.co.jp までどうぞ