大正ロマン

に見る美



羽裏の美展

9/17(金)

10/3(日)


紺文シルクホールでは「大正ロマンに見る美 粋人のお洒落 羽裏の美展」を開催いたします。
京都岡重所蔵の明治・大正・昭和初期にかけての羽裏を一堂に陳列いたします。
江戸時代に、町人階級の間で洗練されたおしゃれの表現として用いられた「底いたり」という言葉があります。羽裏に隠された町人の粋、存分にお楽しみ下さい。
詳細については「大正ロマンに見る美 粋人のお洒落 羽裏の美展」をご覧下さい。
会期中、たくさんの催しをご用意いたしました。是非ご来店下さいますよう、お待ち申し上げております。



菜果文様



鶏文様

会  期  2004年9月17日(金)〜10月3日(
         午前10時〜午後6時
会  場  紺文シルクホール
        静岡市伝馬町16-7 紺文シルクビル 5F
        TEL 054-251-4147(代) 

入場料    無料

「粋人のお洒落・羽裏の美展」ページへ 「アートライフヘの誘い」ページへ

  ご意見・ご質問等は kimono@konbun.co.jp までどうぞ