魅せる装い・美の賛歌 美川憲一きもの舞台衣装展

平成22年2月18日(木)〜3月7日(日)
会場・紺文シルクホール

このたび静岡市にあります呉服店の紺文さんにて、 私が気に入っている舞台衣装のひとつ、 手描友禅染めの着物コレクションを発表する運びとなりました。
紺文さんとは昨年の春に、友人を通じて初めてお会いしました。 紺文さんはこれまでも、数々の由緒ある展覧会を開催されてまいりました。 その展覧会の中に、私の舞台衣装の中でも、 最も大好きな着物の数々を披露していただくことになったのは、 本当に光栄に思うとともに、うれしい限りでございます。 日頃、私の舞台衣装の着物、特に手描友禅染めの着物を一同にご覧頂くことはありませんので、 ぜひこの機会に会場に足を運んでいただき、たくさんの皆様に私のお気に入りの衣装をご堪能いただければ幸いです。 美川憲一

美川憲一氏の和装コーディネートを手掛ける山本遊幾。氏の作品は、 「繊細・質感・光」の三つのテーマで制作され 「彩密友禅」という独自の世界を作り上げています。
この度、美川憲一氏の手描友禅染めの舞台衣装即ち、 山本遊幾の作品をご覧いただけますので、ぜひご来場ください。


山本遊幾の彩密友禅は、2005年の初入選以来、
2006年、2007年と フランス芸術家協会主催のル・サロン展に
連続して入選しています。
1667年に始まった歴史あるル・サロン展において
日本の友禅作品が連続して展覧されたことは快挙と言えます。

LE SALON(フランス芸術家協会展)

通称ル・サロン、フランス芸術アカデミー(Societe des artistes francais) は 350年近く伝統を持つフランスで行われる国際公募展です。 ミレ、ドーミエ、、マネ、モネ、ピサロ、ルノワールらの偉人も 所属していた素晴らしい伝統があります。


2005年 染絵パネル「鶴亀/浄瑠璃」(初入選作品)
(1000×803mm)

2006年 染絵パネル「童心」
(1000×803mm)

2007年 染絵パネル「騎射」
(1000×803mm)

彩密友禅作家山本遊幾
1958年 東京生まれ。師匠は初代故由水十久。独自の彩密友禅で創作活動をする。

●主な創作活動:和装(着物、帯など)・染色アート
1978年 加賀友禅作家 故初代由水十久氏に師事 入門
1978年 京都染織新人展にて意匠賞受賞 加賀友禅新作競技会等にて数回受賞
1990年 有限会社 遊禅工房を設立
1995年 「平安建都1200年シリーズ」を発表
2002年 東京にて個展開催「いしょう(衣装・意匠)のコラボレーション」を発表
美川憲一の和装をコーディネイト「湯沢の女」CDジャケット着用着物制作
2002年NHK紅白歌合戦の衣装を制作
2005年 染め絵「鶴亀」2005年度ル・サロン展(フランス芸術家協会主催)入選
2006年 染め絵「童心」2005年度ル・サロン展(フランス芸術家協会主催)入選
2007年 染め絵「騎射」2005年度ル・サロン展(フランス芸術家協会主催)入選
フランス芸術家協会会員に認定される
美川憲一の和装コーディネート「古都情念」京都、平安神宮イベント着用羽織制作
2009年 テレビ朝日「徹子の部屋」に出演(3月3日雛祭りに放送)
東京青山にて個展開催 国内初のル・サロン展出展作品を展示

紺文周辺地図

場所 静岡市葵区伝馬町16-7 紺文シルクホール
時間 10:00〜18:00
休商日 毎週水曜日

アートライフへの誘い 紺文トップページへ


ご意見・ご質問等は kimono@konbun.co.jp までどうぞ